はじめてのグラスリッツェンワークショップ受付中です。

グラスリッツェンとは、ガラスに専用の針を使って描くヨーロッパ発祥の工芸です。
先端にダイヤモンドのついた針で、ガラスの表面をやさしく削って
模様をつけていきます。

大きな機械も熱も使わずに、安全にガラスを加工装飾することが可能です。

むずかしそうに思えますが、図案がありますので絵が描けない方でも大丈夫。
ガラスに図案を写すだけなので気軽に取り組んでいただけます。

6月は、ビアグラスに麦の穂の飾り文字を彫ってみましょう。
世界にひとつのオリジナルグラスは、
プレゼントにもぴったりです。

詳細・ご予約はこちらグラスリッツェンをご覧ください。

PAGE TOP